information

NTT予選及びしずぎん予選の際に学校登校日と重なった場合の対応
2017-09-11
重要
毎年、NTT予選及びしずぎん予選の際に学校登校日と重なってしまった場合の対応に関して質問がありますが、次のとおり対応しておりますのでご承知おきください。

NTT予選の開会式や試合日程の中に、学校行事があった場合のことですが、NTTカップ予選としずぎんカップ予選これは市民大会も兼ねているので、静岡市が主催者にもなっています。このため、登校日であっても大会を優先していいことになっていますが、教育委員会が認めても校長先生が認めないといわれる場合があります。また、選手としても学校行事は休みにくいものですので、中部支部4種委員会としてはできるだけ配慮することとしております。
ただし、学校行事もそれぞれ異なることから、例年下記のとおりとしています。

・配慮する学校行事は代休を設定する学校登校日のみとし、PTA単独行事や地域行事などは含まない。
・登校日である学校ごとに、エントリー時のメンバー表提出時点で6年生(しずぎんカップ予選の場合は5年生)が2名以上在籍しているチームであること=6年生が1名だけ、あるいは6年と5年とあわせて2名、登校日の同じ別々の学校に1名ずつといった場合は配慮しないということです。
これを判断するために、エントリー表にNTT予選等の場合は6年生の学校名を記入してもらうようになっています(NTT予選では5年生以下の学校名記載は不要です)。これを考慮して抽選も行います。
開会式を欠席する選手がいる場合は、それ以外の学校の選手と父兄で参加してもらいます。
なお、県大会ではこういう配慮は一切なされません。登録した選手がたとえ代休のある学校行事のために閉会式や試合を欠席することは認められませんのでご注意ください(ケガや病気の場合は各支部の委員長を通じて申し出ることになっています)。このため、「県大会の閉会式を含むすべての日程に、登録選手全員が参加できない場合は、県大会への出場権利を失う。」と記載しています。